笹谷窯

Img_e892c7f7ebae37c90379158a23971629
築窯30年を迎えます
Img_267ac9f9a5c55d6ef3a3771b625aaa26
TVドラマロケ風景。
Img_ea2ffca821050dc3b8d60e29823418dc
笹谷窯の薪窯は、登り窯より古い時代、焼き締陶器が焼かれ始めた頃(中世)の窯を出来る限り再現した窖窯(あながま)という窯です。窯の一番前の薪をくべる火前部分と分焔柱をはさんで1室だけの窯。直接薪の焔がうつわにあたり、灰がたくさん降りそそぎ、作り手の想像を超える彩りを生み出します。
あたかも木の命の衣をまとったかのように窯から誕生する自然の力そのものの器。私たちの心の原風景にとても近く、使うほどに自分に馴染んでいく・・。作り手のココロと人智を超えた炎の力が融合した作品を「木命衣」(もくめぇい)と名付けています。

<ササヤ1号窯>
1988年築窯
全長8メートル
幅1.5メートル
27年間焚き続けている相棒です。
2003年後半部分を大改築。
2007年に半分より手前を大改築。
2007年、TBSお昼の連続ドラマ「愛のうた!」でロケがありました。
2011年、3月11日の震災にも耐え(ちょうど窯詰めをしているときでした)、余震のおさまってきた6月に窯焚きをしました。

<ササヤ2号窯>
大物の甕類のために築窯。
20年選手。
全長11メートル
幅2.3メートル
現在改築中。

窯元 杉山春信

略歴
山形県小国町生まれ。
1977年より鎌倉市の埋蔵文化財調査に従事。
遺跡から出土される中世古陶に魅せられ、研究とともに作陶開始。

1988年  千葉県鴨川市に中世古窯を基本とした窖窯(あながま)を築窯。
        当地の古来の名から「笹谷窯ささやがま」と名付け開窯。
1992年   土と炎の作陶展5人展(鴨川市市民ギャラリー)
1996年〜 半島の現代美術安房ビエンナーレ出品 以後毎回参加
2002年   東京「麻布十番方圓」第1回杉山春信個展
2003年   東京「麻布十番方圓」第2回杉山春信個展
2003年   窖窯の作品展(千葉市「呂久呂」)
2004年   杉山春信作陶展(鴨川市「みんなみの里」)
2006年   秋のうつわ展(鋸南町道の駅ギャラリー)
2006年   新作うつわ展(鴨川市 文化庁登録有形文化財元造り酒屋「ごろさく」)
2007年   笹谷窯 杉山春信 展(南房総市「ギャラリーsfk」)
2008年   春のうつわ 杉山春信作陶展(東京渋谷 まちやアートギャラリー)
2016年   杉山春信 陶展(鴨川市 古民家カフェ夜麦)

その他の活動    
陶友会展(隔年 みんなみの里)          
川崎大師全国風鈴市に「かもがわ里山ふうりん」出品、          
以降東京ミッドタウン、東京駅、ディズニーリゾートでの風鈴市に出品          
千倉高家神社由縁の古式料理の器 作成
2007年TBS連続ドラマ「愛のうた!」笹谷窯がロケ地となり、
カマモトも岡山の窯元の役で出演。ヒトコト台詞が話題に(!!)
2013~NHKBSプレミアム「晴れときどきファーム」にてカマド修理から陶芸のレクチャー。
2015年「ナポレオンの村」ロケ


田んぼ歴
2003年  小さな猫の額ほどの田んぼを借りて「田んぼ幼稚園」開始。
      機械ゼロのほんとに鍬から始めた手作業のみのお米つくり。
2004年  窯場の近くに田んぼを借りて「食と器の体験」企画スタート。
      田んぼ1年生スタート。藪と草むらだったところが水田として生き返りました。
2007年  日本棚田100選の大山千枚田保存会の理事として
      地域の棚田・自然保護活動参加。
2015年  MY田んぼ13年生。田んぼ会員さんと利用していた古民家を
     飲食店・宿泊の認可を取得して「古民家カフェ夜麦(よもぎ)」
     として4月にオープン。

sasanatsu すぎやまなつこ

Img_97cade37045535057fd5be37e4a8363c
窯元のアシスト兼、自身では陶土に線刻・印判による陶板画の作品創りをしています。
また、粘土細工つながりで、銀粘土のアクセサリーの制作も手掛けています。
日常はCafeSASAYA担当。

第6回日本貴金属粘土協会展 奨励賞(銀粘土)
シルバーアクセサリーコンテスト2010 シルバーオーバーレイ部門賞(於:国立新美術館)(銀粘土)
シルバーアクセサリーコンテスト2011 オブジェ・クラフト部門入選
2016年 金谷美術館コンクール 入選(陶板画)


Maki

笹谷窯CafeSASAYAの姉妹店、古民家カフェ夜麦の店長。
本業は洋裁屋さん。ときどきかわいい陶器の猫ブローチをつくります。